正しいハンドクリームの塗り方

正しいハンドクリームの塗り方

手は年齢が出やすい場所なのでできるだけちゃんとケアをしていきたい場所です。ハンドクリームを使う方は多いと思いますが正しい使い方を知っていますか?まずハンドクリームを塗る前に手全体を温めましょう。もしくは化粧水などで皮膚を柔らかくするのもお勧めです。手を温める、化粧水によって皮膚が柔らかくなっているとハンドクリーム自体のノビがよくなり、肌への浸透もよくなります。クリームというのはなかなか肌の奥まで浸透していくのが難しいので、手が温まっている状態により肌の奥まで浸透させやすくなるのです。そしてハンドクリームはたくさんの量を使っても、量が少なすぎてもだめです。使用量をきちんと守る必要があります。500円玉程度くらいを手のひらに出すか、チューブであれば3センチから4センチくらいです。この量がハンドクリームを使う上で目安になる量です。手の甲から指へとしっかりクリームをなじませていきましょう。爪の周りや指の先なども丁寧に塗っていきます。その時に指先を軽くつまむようにしてハンドクリームを塗るとマッサージ効果が感じられて血行が良くなります。荒れている場所や関節部分には重ね塗りをするようにするとさらにハンドクリームの効果が得られます。塗り終わった後にべたつきが気になるようでしたらティッシュオフをすると良いと思います。トイレに行って手を洗った後や家事の後など、こまめに一日に何回も塗りなおすようにしていくと良いので毎日こまめにケアをしていきましょう。よく女性は身体を冷やしてはいけないといいますよね。それはなぜなのでしょうか。まず身体が冷えると疲れやすくなってしまいます。身体が冷えると疲労物質の代謝がうまくいかなくなってしまい疲れがとれにくくなってしまうのです。身体が冷えると血流が悪くなり肩こりや腰痛、偏頭痛が悪化してしまったりもします。冷たい飲み物を飲み、腸が冷えてしまうと免疫力が下がってしまうので風邪や感染症を患いやすくなってしまいアレルギーやアトピーにも影響があるといわれています。そして身体が冷えると体内で水分をうまく循環させる事が出来なくなってしまうので皮膚の下に水分が置き去りの状態になってしまいます。顔や手足がむくんでしまっている方は身体が冷えてしまっている証拠です。そうなると便秘にもなりやすくなってしまいます。便秘気味になると身体も太りやすくなってしまうのでよくないですね。身体が冷えていると血液の流れがよくないという事なので、新鮮な酸素や栄養をお肌に巡らせる力が足りなくなってしまいお肌の調子も悪くなってしまいます。肌の新陳代謝が悪くなると、お肌にメラニン色素が沈着してしまいシミが濃くなってしまい肌のハリやシワに繋がってしまいます。毛穴も詰まりやすくなってしまうので悪い事だらけなのです。身体の冷えは老化や見た目の悪化にもつながってしまいます。そして冷えは不妊も引き起こしてしまいます。ダイエットを考える前にまず身体を温める事から考えてみると良いかもしれません。美容室 三鷹 ヘアサロン カット カラー メンズ 口コミ 人気