縮毛矯正が髪を傷めてしまうのは熱の影響

縮毛矯正が髪を傷めてしまうのは熱の影響

くせ毛で悩んでいる人はストレートに憧れ縮毛矯正をやってみようと考える人も多いと思います。しかし縮毛矯正は髪の毛に強い負担がかかり、髪の毛が傷みやすくなってしまいます。縮毛矯正を行うときには頼りになる専門家に任せて頻度も傷み具合を考えて行わないといけません。縮毛矯正が髪を傷めてしまうのは、薬剤の影響だけでなく熱の影響が大きいです。違いが良く分からないといわれるストレートパーマですが、ストレートパーマは薬剤の力を使ってパーマをストレートに戻します。弱いくせ毛程度ならストレートパーマでも充分に改善できますが、強いくせ毛になると薬剤だけではストレートにできないため縮毛矯正が必要になります。髪の毛の主成分はタンパク質ですが、このタンパク質は熱によって性質が変化します。タンパク変性と呼ばれ一度変化したタンパク質は元には戻りません。縮毛矯正は熱の力でタンパク質を変え、くせ毛の状態をストレートにしているわけです。ストレートにしたいなら縮毛矯正のほうが効果的ですが、髪の毛にかかる負担はストレートパーマ以上となってしまいます。新しく生えてきた髪の毛は傷んでいませんが、くせ毛の人はくせ毛のまま生えてきてしまうため、縮毛矯正を行うときには頻度が重要になってきます。ストレートにこだわりすぎずにくせ毛を活かした髪型を取り入れていくほうが髪の毛を傷めずに済みます。ストレートもくせ毛もおしゃれを楽しむ要素としてとらえておくと縮毛矯正に頼りすぎなくても済みますよ。筋トレに代表される無酸素運動は室内でも簡単にできることが魅力の一つです。それに対してダイエットに効果的な有酸素運動は室内でやるということになると限られた方法しかなくなってしまいます。ランニングマシンを持っている家庭なら室内でも手軽にランニングを行うことができて便利ですが、マシンを置くスペースがなかったり、それなりの費用がかかるということで持っていない人も多いのではないでしょうか。室内でできる効果的な有酸素運動の一つが踏み台昇降です。学生時代にやったことのある人はいるかもしれませんが家庭でも簡単に行うことができます。家に階段があれば階段を使って運動をすることができますし、階段がなくても段差があれば運動を行うことができます。運動力も多くカロリーを消費させたいという人におすすめの運動となります。音や振動の関係で家族や近所に迷惑をかけたくないという人にはストレッチもおすすめです。ストレッチはそれ自体が有酸素運動になるため時間をかけて行うことでカロリーの消費を期待することができます。ただ踏み台昇降に比べると消費できるカロリー量は少ないため、ダイエット効果を期待して行っても結果がなかなか出てくれない可能性もあります。ストレッチは筋肉の柔軟性を高め、脂肪の燃焼効率アップや運動によるけがの防止効果がありますので、毎日行うって行くとダイエット以外の効果が期待できます。踏み台昇降とストレッチを使い分けていくことで室内でもダイエットをすることができますよ。能見台 美容院