食品添加物と肥満の関係性

食品添加物と肥満の関係性

肌に悪影響を与えるといわれている食品添加物ですが、悪影響を与えるのは肌だけではありません。実は肥満にも影響しているといわれています。なぜ食品添加物が肥満につながるのでしょうか。肥満になる原因としては、栄養の摂りすぎによるカロリーの過剰摂取、カロリー消費量の少なさといったものがあります。栄養の摂りすぎは食べ過ぎによっておきますし、カロリー消費量が少ないのは運動不足によって起こります。実は食品添加物の摂取でカロリー消費が悪くなるといわれています。カロリーはただ運動して消費していくものではありません。エネルギーとして使われるようになるためにはビタミンとミネラルが必要になってきます。食品添加物を摂取するとエネルギー消費に使われるはずだったビタミンとミネラルが添加物の消費に使われてしまいます。添加物を分解するのは肝臓ですが、このときにビタミンとミネラルが大量に使われてしまいカロリーを消費しにくくなってしまいます。アルコールの分解時に肝臓で大量のビタミンとミネラルが消費され太りやすくなるというのも同じで、食品添加物はアルコールと同じような作用を持っているのです。そのため食品添加物を摂りすぎると肥満につながるということになるわけですね。ビタミンとミネラルは意識していないと不足しがちな栄養です。普段から不足することが無いように意識して食生活を送ることと、食品添加物を摂りすぎない生活を心がけるようにすることがダイエットの成功につながるのです。紫外線は季節と問わず降り注いでいるため、外出するときには必ず紫外線対策をすることが美容の基本となっています。紫外線を防ぐ理由は紫外線の持つ有害性というものもありますが、実は活性酸素の発生を抑えるためという理由もあります。紫外線と活性酸素の関係について理解を深めておきましょう。活性酸素は体を傷つける有害物質が入り込むと強い酸化作用と有害物質を攻撃します。体は活性酸素が有害物質を攻撃することで常に守られていますが、活性酸素が発生しすぎてしまうと活性酸素自体が細胞を傷つけてしまいます。紫外線も人体に有害な物質となりますが、紫外線による被害から活性酸素は体を守ろうと働きます。その時に作られた活性酸素は細胞を攻撃してしまい肌を変色させてしまいます。これがシミとなって残ってしまうわけですが、さらに活性酸素の影響が強くなると肌そのものから水分や弾力が失われていくことにもなります。活性酸素が肌を老化させてしまう作用はこうして生まれているのです。紫外線対策をすることは紫外線の有害性から肌を守ることと同時に活性酸素の発生を抑えて肌が傷つかないようにするという効果があるわけです。少しの時間外出するだけなら日焼け止めを使わなくても大丈夫と思ってしまいがちですが、紫外線だけでなく活性酸素の発生も行われるため少しの時間でも確実に肌は老化していきます。日焼け止めを使うなら少しの時間も油断なく使っていくことが美容の基本となるのです。骨盤矯正 代官山 小顔 ブライダル 人気 ランキング