生理痛について

生理痛について

生理痛って痛いのが当たり前な気がしてしまいますよね。ですが本来生理痛というのは辛い、痛いものではないのだそうです。生理痛は元々痛いものではなく、お腹や腰が少し重たく感じるくらいのものなのです。どうして生理痛が重くなってしまうのかというとホルモンバランスの乱れや冷えなど色々な原因が重なってしまい痛みが増してしまうのです。生理痛は放っておくと生活習慣病を引き起こしてしまう、子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人科系の病気のトラブルに繋がってしまうなどよくない事が多いです。生理の血の様子は今の健康状態のバロメーターです。粘度が強い血ですと血液の流れが悪くなって滞りがちになってしまっているかもしれません。血の流れが悪くなってしまうと生理不順や生理痛、腰痛や頭痛、貧血など不調が出やすくなってしまいます。生理痛が重たい方は血の巡りを良くするように心がけると良いのでしょうがやにんにく、玉ねぎや青魚などを温かくして食べると良いでしょう。脂っぽいものや甘いものは血の巡りが悪くなってしまうので控えた方がよさそうです。女性器官の働きを改善してくれる漢方などもありますので取り入れてみると良いです。デスクワークが多い方は長時間座りっぱなしでいてしまうと骨盤の血液循環が悪くなってしまい生理痛も酷くなってしまいます。1時間に一度は立って軽く歩くようにしましょう。頭痛や肩こりが気になる方は上半身の血液の流れを良くする手の上げ下げ運動も効果的です。生理じゃない時からこまめに体を動かして血液の流れを良くする事で生理痛が軽くなるかもしれません。ファストフードや冷凍食品、コンビニ食品など簡単で美味しい食品が増えバランスのいい食事をとる事は以外と難しいものです。それに毎日働いているとついつい簡単なもので食事を済ませてしまいがちですよね。ですが野菜不足で必要な栄養が足りていないと年齢を重ねるごとにどんどん肌の老化が進んでしまいます。そこで手軽に野菜を多く取れるのが青汁です。健康を保つ為に多くの栄養素が含まれている青汁はぜひとりたいですよね。健康以外にも美肌作りにはとても適しているのです。青汁に入っているビタミンCは美白効果やコラーゲンの生成、免疫力アップや抗酸化作用と様々な美容効果があります。ビタミンCは壊れやすい成分で加熱処理をしてしまうと摂取できる量がかなり減ってしまいます。そして水溶性のビタミンなので水に溶けやすく、尿と一緒にすぐ体内に出てしまいます。その為ビタミンCは毎日きちんととる必要があるのです。そして若返りの効果があるといわれているビタミンEも青汁には含まれています。ビタミンEは抗酸化作用や血行促進など肌と身体に若々しさを与えてくれる栄養素です。ビタミンCはビタミンEと一緒にとる事で抗酸化作用がさらに見込めるのでぜひ一緒にとることがお勧めです。青汁はそういった栄誉素の組み合わせも簡単に見込めるので忙しい方にはありがたい食品です。ビタミンAやビタミンBなども豊富に含まれていますので体内の様々な代謝を良くしたい方には効率的に栄養素がとれる青汁がお勧めです。上福岡 美容院