食事習慣は自分の生活リズムに合わせよう

食事習慣は自分の生活リズムに合わせよう

ダイエットや美容のためには1日の食事回数が重要といわれるようになり、1日3食という定番のものだけでなく、1日1食とか1日5食といった食事回数がいいといわれるようになってきました。これらの食事回数には様々な効果があり、実際にそれで体型を作ったり美容のために生活できている人はいます。しかし大切なことは自分の生活に合った食事習慣です。特に食事と食事の間隔をしっかりと作っていくことが美容と健康のために重要となっています。食べる回数が多くなると常に胃が働いていないといけない状態のため消化しきれずに疲れてしまうことがあります。この状態になると下痢や便秘、腹痛に悩まされることが多くなり様々なトラブルが出てきてしまいます。逆に食事の回数を減らして間隔をあけすぎてしまうと太りやすくなります。これは一度に大量に食べやすくなってしまうこと、血糖値が上昇しやすくなることが原因です。普段から体を動かすことが多く消費カロリーが人一倍多いという人なら食事の回数を増やしてもいいかもしれませんし、カロリー消費が少ないという人は食事の回数を減らしてもいいかもしれません。しかし一般的な生活を基準に考えてみると食事の感覚は4〜5時間空けることが理想的で、1日3食のペースが最も美容にもいいということになります。ダイエット法の中で進められている食事回数だから痩せることができると考えるのではなく、自分の生活スタイルに合わせた食事回数とペースを見つけるようにしましょう。健康や美容のためには1日3食の食習慣が理想的といわれています。ダイエットや美容のために1日の食事回数にこだわりを持っている人も多いと思いますが、どれも正しい知識を持って実践しないとかえって太ってしまう可能性もあります。1日3食の生活で十分に健康的な生活が遅れていたという人はダイエットや美容のために食事回数を変える必要はありません。1日3食というのは厚生労働省が推奨している生活スタイルで、規則正しい生活、1度の食事での摂取カロリーや栄養のバランスがとりやすい食習慣です。睡眠時間を除けば食事の感覚が等間隔にしやすいですし、そのため血糖値の上昇を防いだり必要以上に空腹状態を我慢する必要もありません。食事の回数を3回以外にしたいと考えている人は、生活のリズムが周りの人とは少し違っている人に多いです。夜勤仕事が多いという人や、残業が多く仕事の時間が長くなりやすい人、仕事を家で行っている人などは自分の生活スタイルに合わせた食事回数にしています。1日3回の食事も一般的な生活スタイルに合わせた食事法となりますので、生活スタイルが人と違うという人はその生活に合わせた食事回数を見つけるようにするといいでしょう。食事の回数を変えてダイエットをしようとする人はたくさんいますが、食事の回数はダイエットのためではなく生活に合わせた無理のない食習慣を考えたうえで変えていくようにしてください。無理のない食習慣が美容やダイエットにとって一番の理想なのです。蒲田 美容院