基礎化粧品の効能はどのくらい?

基礎化粧品の効能はどのくらい?

スキンケアで必要となる基礎化粧品ですが、その効果とはどのくらいのものなのでしょうか。広告や宣伝を見ているとその多くの有効成分が肌の内部に浸透して肌を活性化させるようなイメージを持たせています。しかし化粧品にしても薬用化粧品にしても肌の内部に有効成分が浸透するということはあり得ないのです。その理由は、化粧品も薬用化粧品も角質層までしか浸透できないからです。薬事法によって浸透という言葉を使うときには必ず角質層や角層までの浸透という注意書きが必要になります。角質層は肌表面の厚さ0.02ミリ程度のバリアとしての機能を持っている部分のことです。化粧品の成分というのは肌のとても薄い表面にしかその効力を発揮することができないということになります。化粧品を使って肌をケアしたい人にとって、真皮層まで届いて肌の内部から若返ることを期待して使っているという人も多いかもしれませんが、そこまでの成分を含んだものは副作用の危険を持つ医薬品だけになるのです。化粧品に含まれている成分だけでなく、化粧品というものの限界を知っておくと月々の美容代を節約することができるかもしれません。角質層という薄い表面部分しかケアできないなら全く使う意味がないと考えてしまうかもしれませんが、実際に人の目に触れているのが角質層のため角質層を整えることは美容にとって重要なことなのです。化粧品がどういったところにどのくらいの効果を発揮してくれるのかを知っておくとスキンケアでの失敗も少なくなりますよ。年齢と共に肌は老化していきますが、それは避けて通ることのできない問題です。美しさを維持したいと考えている人は、その老化を少しでも遅らせようと日々努力をしています。老化を防ぐことができませんが、少しでも遅らせることはできるのです。そんな肌の老化で大きな原因となっているのが活性酸素です。活性酸素は体内で作られ、大量に作られると肌細胞を攻撃し傷つけていきます。活性酸素は本来酵素の働きによって抑えられていますが、その酵素は年齢を重ねていくと量が減っていき、活性酸素の働きに対抗できなくなります。そのため活性酸素の働きが活発化していき肌はどんどんと老化していくことになります。美容で重要なポイントに抗酸化がありますが。これは活性酸素の働きを抑えるために必要なのです。抗酸化作用のある食べ物やサプリを使って肌の老化に対抗している人も多いと思います。活性酸素の発生でシミが作られるといわれますが、これは活性酸素の働きを抑えるためにメラノサイトが働いた結果です。肌を傷つける活性酸素をメラニンで抑え、その結果黒いシミができるのです。肌を傷つける活性酸素からメラニンが守ってくれた結果だと考えるとシミもそんなにいやなものとは感じなくなるかもしれません。メラニンを悪者扱いしてしまいがちですが、体を守るために必要な働きを持っているのです。活性酸素は普通に生活をしているだけでも作られていますが、ストレスや紫外線によってその量が増えていきます。活性酸素を増やさないように生活を送っていくことが老化対策になりますよ。美容院 吉祥寺駅 カラー パーマ トリートメント クーポン ランキング