段階的な料金設定をするメリット

段階的な料金設定をするメリット

段階的な料金設定がされていると、お客としては仕上がりを選ぶのか、料金を選ぶのか、という物差しでどんなカットをお願いするか決める事ができます。ですから同じ料金なのに、経験の少ない美容師に切られてしまって満足できなかった、というような事が起こりにくくなります。自ら料金の安いカットを選んだのだから仕方がないか、という気持ちになるからです。つまりお店側から言うとクレームの発生が抑えられる可能性があります。また美容室にとっては、美容師同士が自分がランク付けされることによって、上のレベルを目指そうとするモチベーションの維持にもつながるでしょう。早くあのポジションに行きたい、という思いがその人のレベルアップにつながるでしょう。また料金に差をつけることによって、美容師の人気や指名の数を均等にすることができると考えられます。本当は一番ランクの高い人気美容師にお願いしたのだけれども、あまりに料金に差があるから、もう少し低い料金のカットにしておこうか…という考えをするお客さんもいるからです。そうすることで美容師側としては、若い美容師にもベテラン美容師にも均等に指名が入る可能性が高まります。このように段階的にカットの料金設定をするのは、お客さんの為でもあると同時に美容室側にもかなりのメリットがあるようです。一概には言えませんが、お客さんを不快にさせるような態度を取る美容室と言うのは、そういう感じを売りにしているケースも良くあります。たとえばですがエクステンションなどの重点を置いている様な美容室だと、そういうポップな感じやノリの良さ、というのもお店のコンセプトとして必要な事も有ります。その多くはフレンドリーにタメ口を使う、という事をひとつの売りにしている訳です。ですからそういう所が好きで通っているお客さんもいる訳ですから、ようはその美容室と自分との相性だと思うんですね。やたらとお客さん扱いされて、かしこまっているのが嫌だ、という人もいます。逆にこちらが客なんだから美容師が上から目線で話しかけて来るなんてもってのほか、という人もいます。自分の考え方と、そのお店のコンセプトがマッチするかどうかの問題で、どちらが正しいか、という事はないですよね。自分が不快だ、と感じている美容師の態度も理由があっての事だったりもします。明らかに人としておかしい態度というのは良くないですが、その美容室が自分に合っているのかどうか、という事は考えてみる必要も有りそうですね。美容室は髪を整えてもらう事が目的ではありますが、その過程と言うのはその美容室がどのように提供するか、というのもひとつの販売戦略と言えます。そしてどこを良しとするかという事もお客さんの自由です。八潮 美容室