ダイエット中の食事は「栄養バランスの」が基本

ダイエット中の食事は「栄養バランスの」が基本

ダイエット中はカロリーをいかに低くするかにばかりとらわれがちですが、それでは栄養バランスがめちゃくちゃになってしまう可能性があります…。
栄養バランスが乱れていると、痩せにくい体質になってしまいがちですが、栄養バランスが行き届いていれば、結果的に痩せやすい体質になれるでしょう。
今回は、栄養バランスが、どうして栄養にも結びついてくるかということについて、ご紹介していきます。

 

○栄養バランスが行き届いていればリバウンドが防げる!

 

バランスのとれた食事に心がけていれば、健康的なダイエット生活が続けられるでしょう。
ダイエット中だからといって栄養まで控えてしまうのは、結果的に損することになってしまいます。

 

単一の食材や偏った食事をしてばかりいると、ダイエットに挫折してしまいがちです。
栄養バランスを乱してしまうと、結果的にダイエットが成功する前に挫折してしまう事が多く、ストレスがたまってしまいがちに…。
暴飲暴食に走り、リバウンドしてしまうことさえあるでしょう。

 

ダイエットを長続きさせたいなら、極端に食事量を減らすよりも、バランスを考慮して食事するようにしましょう。

 

○多種多様な栄養を取り入れてエネルギー消費できる

 

栄養を十分にとりこんでいれば、取り入れた栄養を有効活用して活動することができます。
結果、エネルギー消費率も良くなり、代謝がどんどん上がっていきます。
ダイエット中は代謝を高めていく事が大切なので、栄養バランスを良くしておくことは、痩せやすい体質を作ることにもつながります。

 

ダイエット中は朝食も抜いているという人も、中にはいるでしょう。
しかしこれはすごく損しています。なぜなら、ダイエット中こそ朝食を食べるべきだからです。
ダイエットを成功させいた人は、毎日朝食をとった方がいいです。
しかしそれは、どうしてなのでしょうか?
ここでは、ダイエット中に朝食をとった方が良い理由についてご紹介していきます。

 

○ダイエット中でも朝食をとっているといいことが多い!

 

効率よくダイエットをしたいのであれば、ダイエット中でもしっかり朝食をとることです。
カロリーを減らしたいからといって、朝食を抜こうと考えてしまうのは厳禁。
どうして朝食をとった方がいいかは、以下を参考にしてみてください。

 

起床→朝食をとる→体温上昇→消費カロリーアップ!→痩せやすくなる

 

要するに、ダイエット中に朝ごはんを食べた方が、結果的に痩せやすい体質になれるということなのです。

 

○朝ごはんを抜いてしまうと太りやすくなってしまうワケ

 

摂取カロリーを少しでも抑えようとして朝ごはんを抜いてしまうと、結果的に太りやすい体質になってしまうことがあいます。
例えば、次のようなデメリットが出てきてしまいます。

 

・カロリーが不足して頭がぼーっとする
・便秘になりやすくなる
・仕事や作業に集中できない
・ランチまで空腹に襲われる…
・お昼に暴飲暴食してしまう

 

朝食を抜いてしまうと、お腹が空きすぎてしまい、お昼にドカ食いしてしまう可能性があり、これがダイエット効果を妨げてしまいます。

 

これを続けていると、ダイエットどころか、太りやすく痩せにくい体質になってしまうでしょう。

 

海老名 スタイリスト 求人 美容院