ダイエット期間中は居酒屋のメニュー選びに気を付けよう

ダイエット期間中は居酒屋のメニュー選びに気を付けよう

お酒の飲みすぎはダイエットによくないということは知っていても、飲み会などに参加していればお酒を飲まずに過ごすということは難しくなります。ただお酒そのものがダイエットに悪いということでもないため飲み方を間違えなければ楽しく過ごすこともできます。居酒屋にはたくさんのメニューが置いてあり、その中にはアルコールの代謝を良くして太りにくくすることのできるものもたくさんあります。代表的な枝豆はお酒のおつまみとしては特に優秀でダイエットの強い味方となってくれます。お酒を飲むときに気を付けたいのが脂質と炭水化物の取りすぎです。お酒を飲んでいると特に脂肪の多い肉やラーメンなどの炭水化物がほしくなりますが、これらはそのまま脂肪となって体に蓄積されていくため避けるようにしないといけません。肉を食べるときにはタンパク質の多い赤身を中心にしていくようにするといいでしょう。刺身や焼き鳥、焼き魚が余分な脂肪が落ちているためおすすめになります。アルコールの分解には水分、ビタミン、タンパク質が大量に必要となるため、居酒屋のメニューで選ぶときにはタンパク質やビタミンの多く含まれているものを選ぶようにするとダイエットに効果的になります。カロリーの表示を見て選ぶこともいいですが、含まれている栄養を一番に気にしてみてください。カロリーの高いものは脂質が多く含まれているものとわかりますが、炭水化物の多く含まれているものはカロリーではわかりません。タンパク質を多く含む大豆、ビタミンの多いサラダなどを中心に選んでみるといいですよ。太ってしまう原因は糖質にあるといわれます。なら糖質を取らなければ痩せるのかと思う人もいるかもしれませんが、糖質オフの生活を送っているとかえって太ってしまう可能性も。糖質オフダイエットなんて方法がありますが、完全に糖質をカットすることがいいわけではないため注意してみましょう。糖質というのは甘いものということではありません。炭水化物の多くは体の中で分解されて様々な糖分になり体のエネルギーとして消費されるようになります。そのためごはんやパン、麺類なども糖質となるわけです。野菜にも糖質が含まれているものが多く、根菜類であるニンジンやジャガイモなどが糖質を多く含むものとして有名です。糖質が不足してくると活動に必要なエネルギーが不足するようになります。脂肪を燃焼してエネルギーに変えることで本来なら痩せるはずですが、脂肪のエネルギーは脳の働きでは消費できなくなります。脳のエネルギー源は糖質によって補われるため、糖質が足りなくなり脳のエネルギーが不足すると筋肉を分解してしいます。筋肉が低下して代謝も悪くなり、脂肪の燃焼効率も悪くなっていきます。さらに脳が飢餓状態となると食べたものを蓄えるように働くため、少ない食事でも消費されずに体に蓄積されていくことになります。食事の量を抑えているにも関わらず太ってしまうのは脳が体に蓄えるように命令を送っているからなのです。糖質を必要なぶん摂取して脳にエネルギーが送られていれば脂肪を蓄えるような働きを抑えることになるためダイエット中も糖質を完全にカットするのではなく摂取していくことが重要になります。志木の美容院