ベビーパウダー活用法

ベビーパウダー活用法

ベビーパウダーがとても便利な事を知っていますか?日焼け止めを塗るとべたべたして嫌だという方も多いと思います。そんなときは日焼け止めを塗った後にベビーパウダーをはたいてみてください、肌がサラサラになります。顔にも同様で、日焼け止めや下地を塗った後にベビーパウダーをはたくと毛穴が気にならなくなり、サラサラな手触りのお肌になれます。一日中お肌がサラサラに保たれますので午後になると脂っぽくなってしまうと悩んでいる方にお勧めです。ニキビや吹き出物が出来てしまった時にはオロナインを塗った後にベビーパウダーをはたいてみましょう。ベビーパウダーには抗炎症効果がありニキビの治りを早くしてくれます。ベビーパウダーは殺菌効果もありニキビ肌に悩んでいる方にも嬉しい効果を発揮してくれます。毛穴のつまりも防いでくれますしお肌にとって良いことづくめなのです。日焼け止めだけでなく重めのクリームを塗った後のお肌にベビーパウダーをはたくのもこれからのべたべたが気になる季節には助かりますね。そもそもベビーパウダーの成分はコーンスターチかタルクから作られています。コーンスターチはトウモロコシからとれる植物デンプンです。調理にも使われる成分なので安心してお肌にも使えるのです。タルクは滑石という水酸化マグネシウム等を含む鉱石です。ベビーパウダーの他にも化粧品の粉として使われています。夏に向けて汗のかきやすい季節ですがベビーパウダーを効果的に使ってサラサラなお肌で過ごしたいですね。毎日シャンプーをしているのに頭が痒い、フケが出るなどの悩みはありませんか?フケというのは古くなった角質が剥がれたもので身体の中でいう垢と一緒のようなものです。人間は頭皮だけに限らず皮膚のある部分はすべて一定の期間で皮膚が生まれ変わるターンオーバーという機能が備わっています。ですから古い細胞が落ちるというのは不思議な事ではないのです。ですがフケとして目に見えるほど大きな角質細胞が剥がれ落ちるのは正常なターンオーバーが出来ていない証拠なのかもしれないのです。フケには種類が二種類あります。乾性フケと脂性フケに分けられて、乾性フケは頭皮の乾燥が原因となり起こります。頭皮が乾燥して皮膚が剥がれた結果、頭皮が荒れてしまい頭皮にかゆみが出てしまいます。シャンプーのしすぎや、洗浄力の強いシャンプーを使う事によって頭皮が乾燥してしまい角質が剥がれやすくなってしまっているのです。乾燥してしまった頭皮は免疫力が低下してしまい、フケを増加させてしまいます。そして脂性フケは皮膚というのは普段から皮脂という油を分泌していますが皮脂が異常分泌を起こしてしまい、これが原因で出てしまうフケの事を言います。頭皮の皮脂が多すぎるという事なのです。これらを踏まえてフケに対して出来る対策は、乾性フケの場合は洗いすぎに気を付ける事、シャンプーを頭皮に優しいものに替える事、ストレスや運動不足の改善が必要です。脂性フケはフケ用の薬用シャンプーやリンスに替える事やビタミンBや亜鉛をとり皮脂量をコントロールしましょう。頭皮の脂性はビタミンBの不足が考えられます。亜鉛は抗フケ剤の有効成分です。フケの悩み、解消したいですね。美容院 吉祥寺駅 カット パーマ トリートメント おすすめ ランキング